打撃練習 背中にバットを回して下半身の使い方を学ぶ

バッティングにおいて、下半身の使い方が上手く出来るのか出来ないのかで、打球スピード、飛距離、スイングスピードというのは、まるで変わってきます。パワーの源は下半身にあると言って良いでしょう。今回はバッティングにおいて下半身を上手く使うためのコツを掴むための練習を紹介します。

 

動画を見てもらえれば一目瞭然ですが、バットを背中に回して、バットを両手で挟んだ状態にして、バットスイング同じフォームで下半身を動かします。下半身をストレッチするようなイメージで、大きく大きく下半身を動かしてあげると良いでしょう。

「軸足のかかとを最後までグッと回せ」
と、筆者は強くコーチから言われたことがあります。軸足のかかとが回りきれていない状態…つまり、下半身を上手く使えていない状態だと、強い打球が打てないと教えられました。そこから筆者は「軸足の親指から振り出す(始動)」ということを意識、今まで上半身の力だけに頼っていた打ち方から、下半身始動のバッティングフォームに変わっていきました。もちろん打球の質も良い方向へ変わりました。この練習は、軸足のかかとを最後まで回し、下半身の使い方を学び良い練習であると感じます。

 

この練習のポイントは、
・下半身を最後までしっかりと回すこと
・バットの先が自然と出てくることを意識する
・下半身が回り切ったところでグラつかない
の3つがポイントとなります。この3つのポイントを意識しながら、この練習を行い、そして通常のティーバッティングを練習で学んだことを意識しながら行うとより効果的でしょう。

注意点として、バットを背中に回した状態で、無理に力一杯回さないことです。腰の怪我に繋がる可能性があります。ゆっくりで良いので、冒頭で記載した通りストレッチ的な感覚で、最後までグッとしっかり回すことを強く意識して行ってみてください。

では動画を参考に実践してみてください。

 

 

 

動画引用元:野球指導〜背中にバットを回して下半身を動かす練習・打撃練習〜