ストレッチ 足首の柔軟性をアップしてしゃがみ込みの動作をしっかり行う

足首の柔軟性はとても大事です。特に内野手においては捕球体勢の時に足首の柔軟が無いと、しっかりとしゃがみ込みができず、体勢が高くなってしまいます。また捕手も同様に、構えの時に足首が硬いと、常につま先で構えることになり、構えが高くなり、かつ左右の動きもままならないことがあります。

そして投手も同じです。特に投げる際、足を前に出した時に足首が硬いと、体重移動の幅は狭くなってしまったりと、投球のパフォーマンスが下がってしまう原因になります。

足首は、地面に接している唯一の部位です。この部位が硬いと、沈み込みを行う動作、左右に動く動作に対してガチっと固まっていると、動作の遅れ、可動域の幅が狭くなる、などの現象が起こり、最大限のパフォーマンスを発揮できなくなります。足首は軽視されがちですが、とても重要な部位です。

 

そして何より、捻挫しやすい部位でもあります。

・ベースランニング時
・スライディング時
・打球を追いかける時

など、捻挫をしやすいシーンは多く存在します。なので、足首の柔軟性はとても重要ですし、試合前・練習前には、ブラブラするだけの柔軟運動だけではなく、しっかりと可動を広げるストレッチすることをオススメします。

動画は、足首のストレッチを丁寧に分かりやすく解説している動画です。ぜひご覧いただき、実践してみてください。

 


 

 

 

動画引用元:足首を柔らかくするストレッチ方法!よく捻挫する・つまずく、しゃがみこめない人必見!