投手にオススメの3つのトレーニング

主に下半身、股関節、体幹を鍛えるトレーニングです。
地味な練習になりますが、とてもきつい上、自重なので怪我の心配も少ないので、小学生でもオススメの練習です。

 

2人1組でペッパー

右足を大きく前に出して腰を沈めながら左手でボールをキャッチ。左足を大きく前に出して腰を沈めながら右手でボールをキャッチを繰り返す練習です。
股関節の可動域を広げながら足を大きく前に出し、そして腰を垂直に深く沈めながらボールをキャッチします。
股関節の柔軟性アップ&可動域が広がり、太ももの筋肉を鍛えます。投手には確実に必要な部位を鍛えてくれる良い練習です。

 

サイド(クロス&ランジ)

相撲で言う四股のような形で、大きく横に足を広げ、左右に飛んでくるボールをキャッチする練習です。
こちらも股関節の可動域が広がることを意識しながらボールをキャッチすることで、股関節と太ももが強化されます。腰を低く保ちながら、できる限り大きく足を踏み出すとより効果的です。

 

体幹(両肘&片肘片足)

こちらはよくある体幹トレーニングですが、特に腹筋(腹斜筋)が鍛えられる練習です。体幹トレーニングであれば、筆者も購入しましたが、長友選手の↓こちらの本の方が分かりやすいと思います。

 

 

以上のトレーニングをしっかり行い投手としての基礎体力を向上させましょう。
では動画をご覧ください。