守備練習 2ステップ送球で目線を徐々に上げて安定した送球を目指す

内野手において暴投などの送球ミスは致命的ですね。捕球力が高くても送球ミスが多いと元も子もありません。送球ミスをしてしまう要因は様々ありますが、多くの要因は下半身の使い方、つまり送球までのステップにあると考えます。筆者ももちろん送球ミスをしたことはありますが、ミスしたことを振り返ると、流れるような感じではないリズムの悪いステップを踏んだ感覚があり、投げる瞬間に「大丈夫かな?」と少し不安な気持ちで送球すると、ミスにつながることがあるように思えます。やはり送球するまでのステップは大事です。

 

この動画では、捕球してから2ステップして送球する練習をやっている動画です。捕球してすぐに投げてしまうと、急に目線が上がってしまうため送球ミスにつながりやすくなる場合があります。低い体勢から徐々に目線を上げていくためにも、捕球したその場で送球、1ステップで送球、ではなく、2ステップで送球し目線を整えます。

 

この練習のポイントは、
・リズム良くステップすること
・目線を急に上げない
・フロントステップ(最初のステップ)は大きめにすること
の3つがポイントとなります。この練習はリズムが重要です。ステップのリズムが悪いと足元にドタバタ感が生まれ、安定した送球にはつながらないです。良い送球のプロセスにはリズムの良いステップがあると思います。また、フロントステップを大きくすることで、送球する方向への勢いが増すので送球の勢いの手助けになります。捕球してからの最初のステップは大きめに取る意識は心がけたいですね。

動画では遊学館高校の監督である名将山本雅弘監督が教えている動画になります。ステップの他にも、捕球に関するレクチャーも解説してますので、ぜひご覧ください。

 

 

ベースボールルネサンス【リメイク版】〜野球センスを育てる守備&打撃論〜[硬式野球 981-S 全1巻]

 

動画引用元:遊学館フォアハンド捕球からの送球